広島県央とは
広島県東広島市の福富町、豊栄町、河内町。この3町はちょうど県の中央にあたりに位置することから、「県央エリア」と呼ばれます。
広島大学の移転を契機に学園都市として発展してきた市の南側に比べると、住む人は少なく、派手さはないかもしれません。でも、そこに住む人たちは温もりに満ちており、美味しい食べ物もものづくりの技もギュッと詰まっています。県央エリアのロゴは、そんな「ギュッ」をイメージして生まれました。

初めて訪れる人にも懐かしさを感じさせてくれる、みんなの心のふるさとのような場所。それが県央エリアです。