雅外観
冬になると、身体が冷えて毎年ツラい思いをしている方は多いのではないでしょうか? そんな方におススメのスポットに「酵素(こうそ)風呂」があります。

酵素風呂 硫黄山(いおうざん)」「酵素風呂 雅(みやび)」と、2軒の酵素風呂店が加入している「ひろしまけんおうはっけんおうこく」。いずれも東広島市福富町に位置しており、知る人ぞ知る人気スポットです。

「酵素風呂ってなあに?」「聞いたことはあるけど、どうやって入るのかイメージできない……」。今回はそんな方のために、当サイトのリポーターが実際に「酵素風呂 雅」を訪れて入浴を体験してきました。

酵素風呂ってなあに?

「酵素風呂」とは、おがくずと米ぬかを酵素と水で発酵させた酵素パウダーに全身を埋め、発酵熱によって身体を温める温浴法です。内部の温度は70℃程度まで達し、全身を温めることによる血行促進や発汗が期待できます。

酵素が何かということは現代の科学でもまだ完全には解明されていませんが、消化や新陳代謝といった生命活動に不可欠なものであることは確かです。酵素風呂で使われるのは、天然の薬草と国産のハチミツで造るこだわりの自家製酵素です。

「70℃なんて、ヤケドしちゃうんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。空気はお湯と違って温度を伝えるのに時間がかかります。フィンランド式のドライサウナでは100℃に達するものもありますが、ヤケドしないのはそのためです。

酵素風呂の内部には空気が豊富に含まれているため、ヤケドしたり皮膚呼吸を妨げたりする心配はありません。血液の循環は免疫力と深く関連していることが知られており、続けて通うことで基礎体温が上がる人も多いといいます。

「わかりやすい場所」とはいえません

酵素風呂 雅」は国道375号線を豊栄方面へと北上し、「道の駅湖畔の里福富」の入り口を通り過ぎてしばらくいった地点を左折した場所にあります。かなり頻繁に通る道の近くなので「すぐわかるはず♪」と思ったのですが迷いました。

お店では土地勘のない人にも安心して訪れてもらえるよう、道の駅までの道案内サービスを行っています。自信のない人はそのサービスを利用されるといいかもしれません。

お店の周りは田畑となだらかな丘に囲まれており、紺地に白く染め抜いた「雅」ののれんが印象的。平屋の建物が景色によく馴染んでいます。

鍵付きのロッカールームで浴衣に変身

お店の扉を開けた先に内扉がある造りで、靴を脱いで上がるスタイルになっています。内扉を開くと、その先にはゆったりしたソファをいくつか備えた広い待合室が。広い掃き出し窓の先には、のどかな田園風景が広がっています。トイレも広く、大きな鏡がついていました。

入浴は手ぶらでOK。受付をすませると、さっそくキー付きのロッカーを備えた着替え室に案内されました。天然石の流し台が印象的ですね! 着替え室は3室用意されています。

酵素風呂雅洗面台酵素風呂雅ロッカー

入浴料に含まれている浴衣に着替えれば準備は完了です。髪の毛は耳たぶと一緒に、不敷布の使い捨て帽子に包むよう言われました。着替え後のリポーターはこのような姿に変身しました。汗をたっぷりとかくため、入浴前後には水分を多めにとったほうがよいそうです。

酵素風呂雅浴衣酵素風呂雅着替え後

独特の香りに包まれて

着替え室のすぐ隣には、温浴後にすぐ汗を流せるようシャワーブースが完備されています。イスが備え付けられているので、長時間立っているのがツラい方も安心ですね。扉を開くと、それまでは気付かなかった酵素の独特な香りがしてきました。シャワーブースを通り抜けた先に、薄暗い酵素風呂が待っています。思いのほか入浴スペースが広く、天井も高くて驚きました。

酵素風呂雅シャワーブース酵素風呂雅入浴スペース

リポーターが着替えている間に、スタッフの方が人間一人分のサイズの穴を掘ってくださっていました。穴の中からは湯気が立ち上がっています。夏はさっぱりと入れるよう湿度を下げ、冬になるとしっとりとするよう水分を増やすなど、季節によって配合を変えているそうです。

酵素風呂雅穴酵素風呂雅穴2

頭の下には枕のように、アイスジェルパッドが敷いてあります。寝転がると、上から優しく埋めてもらえました。

今回はオプションの「アイホットパック(税込100円)」もお願いしたため、顔にも不敷布の帽子を被りました。全身を埋めたあと、目の上にも酵素パウダーを乗せてもらいます。当然ですがそうなると何も見えません。

酵素風呂雅アイホットパック2酵素風呂雅ゆったりタイム

「熱い」という印象はなく、ひたすら「温かい」という感触でした。ジェルパットが冷たいので、頭の部分はすっきりしています。砂風呂に比べると重さもそれほど感じず、ふっかふかの酵素パウダーにふんわりと包み込まれます。全身をホットパックされたようで、頭の中を汗のしずくが伝う感触が何度もありました。

アイホットパックの状態で「15分ほどお待ちくださいね」と声をかけられ、スタッフさんは別の部屋に。その後顔の上の酵素パウダーを取り除かれ、足や腕を動かしてもよくなります。あとは自分の好きなタイミングで出てよいそうです。

腕や足を動かして酵素パウダーの奥に潜りこませるたびに、さらにしっかりと温かさが感じられます。リポーターは冷え性であるためか、長めに入っていてもキツイと感じることはありませんでした。たっぷりと汗をかくため、入浴後はパウダーが全身にびっしりとついています。

酵素風呂雅入浴後酵素風呂雅入浴後2

入浴後はコーヒーのサービスも♪

酵素風呂雅コーヒー

入浴後は直接シャワーブースに入り、浴衣を脱いだ状態で全身についた酵素パウダーを洗い流します。シャンプーはもちろん、タオル類のレンタルやドライヤー、ヘアブラシなども完備されているので、しっかりと身づくろいできて女性の方も安心ですね!

着替え終えて待合室に戻ると、フルーツを添えたコーヒーを出していただけました。このコーヒーには地下水を使用しているそうです。良質な水がふんだんに流れる福富町ならではですね!

冷え性がひどく、冬になると汗をかくことなど滅多にないリポーター。待合室でくつろいでいる間は上着を着ると背中から汗が噴き出してくる感覚があり、建物を出たあともしばらく身体がホカホカと内側から温まるような感覚を味わうことができました。

手ぶらで入浴&当日予約OK!

入浴には予約が必要ですが、当日の予約もOK。1名様から入ることができ、先着で1日27名様まで入浴が可能です。夏場になると20時まで入浴を受け付けますが、冬場は温度が下がりやすいため早めに受付を締め切ります。夕方の入浴を希望される方は、電話で問い合わせてみましょう。

酵素風呂 雅

入浴料金: 2,000円(税抜)
オプション: アイホットパック100円(税込)
入浴時間: 10時~ 1時間半または2時間ごとのタイミングで入浴開始
6~11月は20時まで受付、冬は要問合せ

元日を除くと年中無休なのでわかりやすいですね! 代表の沖山さんによると、何年にもわたって定期的に通っている人も多いのだとか。この日初めて訪れたという西条町の森藤さんという女性は、「思った以上に汗をかいていて驚きました。知人から勧められたのですが、本当に気持ちいですね。しばらく続けてみようかな」と笑顔を見せていました。

空気も水もきれいで静かな場所で、ゆったりと身体を温めるひと時。この冬は、ぜひ一度そんな体験をしてみてはいかがでしょうか。