おしゃれで優秀!スキレット


調理に使用したのはコチラの「スキレット」です! 前々から気になっていたアイテムだったので、思い切って購入しました。ホームセンターのオリジナルブランドで、価格は直径20cmサイズで700円程度でした……思い切るほどの値段ではありませんね! 有名なブランドの製品を選ぶと、2倍から3倍くらいの価格になります。

スキレットも最近話題になっているので、目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。鋳鉄製のフライパンで、素材に厚みがあるため焼目にムラができにくいのだとか。放っておくと錆びるので、コーティングしてあるフライパンと比べてお手入れは面倒ですが、きちんとお手入れすれば一生使うこともできるという丈夫さも魅力です。

木製の鍋敷きなどが必要ですが、テーブルにそのまま出して、ナイフとフォークでお料理をいただいてもおしゃれですね♪ その場合は、直径16cm程度の小ぶりなものを選ぶことをお勧めします。

使用した食材

リポーターのお昼ごはんとしていただくべく、当日は自宅で食材を用意しました。使ったのは100g105円の国産鶏もも肉と、農家である実家からもらったスナップエンドウ、ジャガイモ、スーパーで購入したニンジンです。

火が通りやすいよう、あらかじめジャガイモは電子レンジで軽く温めました。鶏肉には塩コショウを振り、硬くならないようオリーブオイルを揉みこんでおきます。スナップエンドウとニンジンは水で洗って一口大に切っただけです。



アウトドアでバーベキューをする場面を想定し、冷凍保存に使う食材パックに入れて持参しました。

いよいよ着火!

食材と調理器具の準備が整ったところで、いよいよ着火です。灯油をしみ込ませた木くずを、トーチの中心付近にセットしてくれる下永速店長。「え、これだけでいいの?」と思うような少量です。



マッチで着火すると、すぐにメラメラと炎が上がりました。木くずのおかげか、切れ込みの最下部まですぐに火が燃え移っていきます。