広島県央(福富町・豊栄町・河内町)の魅力を余すことなくお伝えする「ひろしまけんおう はっけんおうこく」公式ウェブサイトへようこそ!

けんおうとは

  • HOME »
  • けんおうとは

けんおうとは

けんおうロゴマーク
広島県東広島市の福富町、豊栄町、河内町。この3町はちょうど県の中央にあたりに位置することから、「県央エリア」と呼ばれます。

広島大学の移転を契機に学園都市として発展してきた市の南側に比べると、住む人は少なく、派手さはないかもしれません。でも、そこに住む人たちは温もりに満ちており、美味しい食べ物もものづくりの技もギュッと詰まっています。県央エリアのロゴは、そんな「ギュッ」をイメージして生まれました。

初めて訪れる人にも懐かしさを感じさせてくれる、みんなの心のふるさとのような場所。それが県央エリアです。


●けんおうたんじょうのヒミツ

県央エリアの3町(福富町、豊栄町、河内町)は、2005年(平成17年)まで存在した賀茂郡の一部でした。「賀茂」という名前は、かつて京都にある賀茂神社(賀茂別雷神社、賀茂御祖神社の総称)の荘園だった歴史を物語っています。荘園が認められていたのは羽柴秀吉による太閤検地までだといいますから、そのような古い時代から、都であった京都など遠方との交流があったわけです。

3町が東広島市に編入されたのは、2005年2月7日のこと。この合併によって行政としての町は消えてしまいましたが、それぞれの町のアイデンティティは今も脈々と受け継がれています。

●けんおうがおいしい❤ヒミツ

美味しい食べ物が多いという点も、県央エリアの特徴のひとつ。食材を美味しく育てるには、清らかな水と恵まれた気候が欠かせません。

東広島市内には瀬戸内海に接する部分(安芸津町)もありますが、県央エリア3町はいずれも内陸部。標高が高く、夏場も比較的冷涼な気候です。標高が高く昼夜の寒暖差が大きいと、野菜などの植物が美味しく育ちます。

植物はお日さまの光を浴びて、酸素と糖分を生み出してくれます。しかし夜になると栄養を生み出す機能がお休み状態に。夜間の気温が高いと夜でも植物が活動を続け、せっかく蓄積した糖分を自分で使ってしまいます。でも、県央エリアのように夜間涼しい場所では、十分に甘みを蓄えたままで植物が成長できるのです。

標高が高いと、山から流れてくる清らかな水の恩恵も受けられます。つまり、県央エリアには美味しい食材が育つ条件がそろっているのです。

●けんおうがたのしい♪ヒミツ

「中山間地域」という言葉をご存じですか? 平地ではない山間の地域のことで、日本の国土の約73%が中山間地域といわれています。もちろん、県央エリアの大部分も中山間地域です。

中山間地域は平地と違い、大きな耕作機械で農業ができるわけではありません。大きな建物を建てるにも、山や川が邪魔をします。

そんな条件の中で住民が力を合わせて工夫を重ねることで、県央エリアには多様性が生まれました。牧場に食材工場、雑貨店、飲食店……それぞれに異なる特色を持つお店や業者ばかりです。たくさんの選択肢から、自分の好みに合ったお店を選べるって、楽しいことだと思いませんか? 県央エリアの楽しさは、逆境をプラスに変えてきた人々の強さから生まれているのです。

福富町(ふくとみちょう)

豊栄町(とよさかちょう)

河内町(こうちちょう)

お気軽にお問い合わせください TEL 082-437-0180 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 広島県央商工会 All Rights Reserved.